”はずし塗り”

”はずし塗り”は”ガーっと塗り”と似ています。

 

”ガーっと塗り”とは?

塗装対象物に対して、塗料が出ぱなっしの状態でエアーブラシを往復させて塗る方法。

エアーブラシの押しボタンを押したまま、又はトリガーレバーを引いたままの状態で手を左右上下に適当に動かしてガーっと塗るやり方。

往復した部分で塗料が多く着いて”たまり”となり、綺麗な仕上がりとは言えない状態になりやすいです。

 

 

”はずし塗り”とは?

エアーブラシを往復させる位置が塗装対象物から外れたところであったならば、”たまり”部分は塗装対象物から外れているので仕上がり具合に影響は出ません。

YouTubeとかで出てくる模型ペインターの方達の多くがこの塗り方をしています。

 

 

という事は・・・

小さなパーツをそれぞれ単色塗りすることが多い模型ペイントとかであれば、わざわざダブルアクションタイプやトリガーアクションタイプのエアーブラシを使う必要はないのかもしれません。

価格の安いシングルアクションタイプのエアーブラシの使用で十分なのかもしれません。

 

そのうち動画で説明していきますね!