様々なAirbrushブランド

高品位に作られている日本製のエアーブラシはとてもGOODです。
日本以外で作られた激安エアーブラシ等は、それなりです。

世界にはエアーブラシ製造工場がいくつかあります。
現在日本では、エアーブラシ製造工場はひとつしかありません。
模型のタミヤやクレオス、塗装機器のアネスト岩田、他のエアーブラシブランドも、ほとんどが日本唯一のエアーブラシ製造専門工場に作らせている訳です。
オリンポス社のエアーブラシもそうです。
オリンポス社があったからこそ、数々のエアーブラシが開発されてきたのだと思いますし、他社エアーブラシブランドも生まれてきたのだと思います。

エアーブラシ工場側の独自ブランドもあるのですが、量産注文をくれるお得意会社様の前にはしゃしゃり出れないという宿命を持ってしまっています。

日本製のエアーブラシは高品質ではあるが、価格が高め・・・
なので、低い価格設定が可能な海外製エアーブラシに手を出していくエアーブラシ取扱会社も増えてきているような感じがします。

およそ150年くらい前に絵を描く道具として元祖的なヨーロッパ系のエアーブラシが生まれてきたのだと思います。
それが日本に渡ってきて、高品質でとても使いやすい日本製のエアーブラシが生まれてきたのだと思います。
しかし現在では、日本製もどきで安価な海外製エアーブラシが日本のエアーブラシ生産工場を脅かしてしまっているような感じだと思います。

エアーブラシは入手しておしまいというものでは決してありません。エアーブラシを始めていくとわからない事が次々と出てきます。頼り先がない場合はとても困ってしまいます。
しかし、そんな事を知らないエアーブラシビギナー達は、安価なエアーブラシに手を出していきがちです。
日本製のエアーブラシの良さを知らない人達がどんどん増えている状態です。
良品でなくても販売利益さえ出ればそれで良し!売れなくなったら引いていけば良い!と考えてしまうエアーブラシ取扱企業や販売店が多いような感じがします。

現在はそのような状態ですので、エアーブラシ入手先からのサポートをどれだけ受けていけるのか?をよく考えた上で入手していって下さいね。

私は老舗オリンポスエアーブラシの後継人なので、オリンポスエアーブラシをお勧めさせてもらうことが多いと思いますが、そのような点をご理解して頂きながらこのサイト(airbrush-school.com)を活用していって頂ければとてもありがたいです。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0